フジオフードグループ本社【2752】6月優待紹介〜Part.2〜

株主優待

今回、6月優待紹介Part2ということでフジオフードグループ本社を取り上げてみました。

それではさっそく↓↓↓

優待内容

株主様ご優待リストの9種類の商品より、お好きな商品を選ぶことができます。

商品内容↓↓

昨年度の商品内容      新登場

1. お食事券 3,000円分

2. コシヒカリ 1.4kgx3袋

3. まいどおおきに食堂のカレー 15個セット

4. 紀州産南高梅しそ漬け 400gx2個セット

5. まいどおおきに食堂のお魚セット (煮鯖、焼鯖、カレイ煮付け 各3枚)

6. 串家物語 串かつセット(オリジナル串カツ 30本入り)

7. 日南もち豚のしゃぶしゃぶセット

8. 博多ふくいち 手羽先明太 (10本入り)

9. 博多ふくいち 辛子明太子 270g(6本前後)

商品は100株以上で1つ、

300株以上で2つ、

1,000株以上で3つ、選択可能です。

結構、いい内容の9品が揃ってますね!串カツ30本なんて家族でワイワイ食べれて楽しそう🤤

おそらく、一番人気の「お食事券3,000円分」は平成 24 年 12 月 31 日付をもって、株主優待商品の中から廃止されてましたが、

株主からの復活の要望が非常に強く、平成 26 年 12 月 31 日から復活しました♪

2年越しの復活ってどんだけ根強い人気なん?って感じですね( ´ ▽ ` )

ちなみに、食事券は全国のフジオフード系列店で使えます。

系列店のブランドは以下です↓↓↓

フジオフード系列ブランド一覧

ブランド名をタップすると、ブランド公式HPに切り替わります。

メインブランドは4社↓↓

サブブランドは16社↓↓

その他ブランド

その他

以下ボタンから公式サイトに飛びます( ´ ▽ ` )↓↓↓

総店舗数は圧巻835店‼︎(2021年5月時点)

これだけ店舗数あれば、身近にお店ありそうだし、使い勝手良さそうな食事券ですね( ´ ▽ ` )

優待条件

権利付き最終日 : 6月末日、12月末日

株価 1,433円 (2021年5月9日現在)

保有株式数優待内容
100株以上300株未満食事券または自社関連品: 3,000円相当
300株以上1000株未満た食事券または自社関連品:6,000円相当
1000株以上食事券または自社関連品:12,000円相当

フジオフードグループはどんな会社?

フジオフードグループ本社は大阪地盤に大衆セルフ食堂『まいどおおきに食堂』や串揚げ食べ放題『串家物語』などの飲食チェーンを運営する外食企業です。

その規模は全国にとどまらず、上海、アメリカ、台湾、インドネシア、フィリピン、カナダへの海外展開も行い、コロナ禍な現在も全世界への更なる躍進を模索しています。

また、串家物語の串揚げセットやまいどおおきに食堂の定番おかずなどを自宅で楽しむことができるオンラインショップも運営中です。

人の温もりを感じさせる外食企業がモットーということです( ´ ▽ ` )

月次売上

株式会社フジオフードグループ本社 月次売上高レポート
(売上高他前年同月比)2021年4月6日更新

2021年3月の全店月次売上は前年比107.8%と一見回復傾向を示しているように感じられますが、

前年の2020年3月時点ですでにコロナ禍の影響により平常時(2019年3月)の売上の65.6%に落ち込んでおり、今回の月次売上107%は平常時売上の約70%程度と考えておいた方がいいでしょう。

まだまだ、外食産業は冷え込んでますね。

さらに、2021年5月7日には緊急事態宣言の延長、指定地域拡大もあり、外食産業には更なる逆風になりそうです。

2021年度見通し

株式会社フジオフードグループ本社
東証一部(2752) 2020年12月期 決算説明資料

2021年2月19日に発表した決算では、

2020年12月期の連結最終損益は49.9億円の赤字(前期は1億円の赤字)に赤字拡大しましたが、

2021年12月期は3.4億円の黒字の見通しであります。

ただ、緊急事態宣言の発出などがどれほど織り込まれているか分からないので、軽く参考として見てます。

頑張って欲しいですね(*_*)

近々、2021年第一四半期決算なので動向を見守ります。

自己資本比率の懸念

株式会社フジオフードグループ本社
東証一部(2752) 2020年12月期 決算説明資料
出典:kabutan.jp

飲食産業はもともと自己資本比率が低くく、平均が約15%くらいなので現状の14.6%は平均値と捉えることもできます。

しかし、2018年度の自己資本比率43.4%、2019年度の自己資本比率34.7%、そして今回14.6%と財務がかなり悪くなっています。

ただ、短期借入金(返済期限が一年以内)の増加率が2875%ということなのでこちらが原因だと思われかます。

新たな借入金や返済の動向に注目ですね。

まとめ

フジオフードグループ本社を今回取り上げてみましたが、優待内容は多くの会社の中でもかなり良い内容だと感じました。

しかし、コロナ禍の外食産業は逆風の真っ只中であり、投資対象としては手探りの状況なので手が出しにくいなと感じました。

優待内容だけでなく、決算内容や月次売上について触れましたが、決して投資を進めるものではありませんので、自己判断でお願いします🤲

大満足優待でした!

タイトルとURLをコピーしました